カテゴリー「書籍・雑誌」の12件の記事

2013.09.17

湖水地方・ウインダミア(UK)

ウインダミアでは築160年のB&Bの屋根裏部屋のようなお部屋に泊まりました。
オーナーは意外と若いご夫婦で、おしゃれにリノベーションされておりました。

なにしろ築160年の建物ですのでシャワーの蛇口は固定ですし、エレベーターもない。
3階まで旦那さんが重い荷物を一つずつ運んでくれる。その日はオーナー夫婦が
出掛けてるといっていたのに家にいてくれてほんとに助かりました。

Cimg0216

2013_002
   『B&B リングムア』 ↑ まさにこの部屋に泊まりこの朝食をいただきました^^

小さな窓から外を見るとみごとに長方形の煙突が並んでおります。映画『メリー・ポピンズ』の中に出てくる煙突掃除のお兄さんが♪チムチムニ~チムチムニ♪と出てきそうです。
Cimg0331 

カーテンの束ねる部分(名前が分かりませんが)、麻ひもでポンポンが作ってあり、紐も麻ひも・・・おしゃれです。写真撮ってないのが残念!

ウインダミアのある湖水地方はいくつかの湖や小高い緑の丘などで昔から人気があったところだそうで、「ピーターラビット」を描いた絵本作家ビアトリクス ポターが子供のころから訪れていた場所のひとつです。。。

2007年の映画『ミス・ポター』で彼女の半生が描かれておりますが、ピーターラビットなどの絵本に出てくるこの美しい湖水地方の風景、自然を守るために土地を買い取り、ナチュラル・トラスト(自然保護活動)に尽力しました。晩年はヒルトップと呼ばれる場所に住んで牧場を経営して寄付や活動を続けていました。

湖水地方は霧雨のような雨が頻繁に降って緑を豊かにしてくれて、その青々とした草を羊たちが食べてますます緑のきれいな大地を作ります。

わたしはイギリスで一度は訪れてみたい場所と思っておりました。。。

Cimg0200

ちょうどシャクナゲが見ごろで、あちらこちらで咲いておりました。
ウインダミアは小さい町ですが落ち着いたとてもセンスのいい町です。

B&Bの女主人ポーラが地図で見所を説明してくれて早速ウインダミア湖が見渡せる見晴台「オレスト・ヘッド」に向かいます。
Cimg0194
駅前の大きなホテルの少し手前に登り口があります。フットパスの看板が正しい方向を向いていなくてちょっと迷いましたが、入り口の地図を見てくると大丈夫。
二つに道が分かれているのかな、わたしたちは右方面に向かいます。。。run
Cimg0195 Cimg0199

Cimg0204

Cimg0202
雨が頻繁に降るからか石やスレート石で作られた低いヘイに苔がのびのびと生えています。
見晴台近くはかなり急で靴を履き替えてくればよかったかなと思いながら上りました。

ウインダミア湖や広々とした四方に広がる緑の風景・・・この中にピーターラビットの中に
登場する家や畑、ビアトリクス・ポターが暮らしたヒル・トップそして水仙の詩で有名な詩人、ワーズワースが暮らした家があるんですよねえ。
Cimg0206 Cimg0212
Cimg0208

明日はその湖水地方を巡るバスツアーに乗ります。

| | コメント (2)

2013.02.16

春節の横浜中華街(続き)

美味しいランチをいただいた『廣翔記新館』を出てみるともう二時近いのに長い行列はそのままだった。どこのお店も行列が出来ていて人の多さがわかる。予約を取っておいてよかったです。
2013_010
大きなふかひれのディスプレイ、
私たちが食べたふかひれは一番小さいものかな?それとも左から二番目??^^

若者たちは肉まんや胡椒餅のような歩きながらでも食べられるものをよく食べながら歩いておりますが、今日はそういうテイクアウトのお店にも長蛇の列・・・やはり特別の日ですねえ。。。sweat01

iPadを持って行っていたので調べてみると午後4時から10時ごろまで獅子舞が町中を回るらしい。初めての春節なのでいったいどこで待っていればいいのかわからない。お腹もいっぱいだし公園の東屋の椅子に座って時間をつぶします。
お隣に千葉からいらした方とお話をし、その方は山下公園、赤レンガ倉庫、横浜球場辺りを歩いてこられて、今日はもう2万歩は歩いてますとおっしゃっておられました。2万歩は歩き過ぎではありませんかねえ^^sweat01
2013_015  2013_014

東屋に明かりが灯りはじめたころに何処からか太鼓の音が聞こえてきました。。。

公園で待っていてもいっこうにやってこないので音の方へやっと移動します。
2013_016 2013_018

中華学校の学生さんたちが大活躍です。

商売繁盛、五穀豊穣を願って、お店はご祝儀袋を店先にぶら下げて獅子舞を呼ぶのです。「採青(さいちん)」と呼ばれています。
二階のあるお店は獅子が入っていって二階まで上がっていきます。大変重労働で若者ではないと獅子舞いはできませんよねえ。sweat01
Cimg94192 Cimg94051

すっかり暗くなって街もいい感じで提燈や福の文字を逆さまにした飾りつけなどが美しく春節(旧正月)を盛り上げます。善燐門から一方通行になっており横浜球場から関内に出て横浜駅へ。
Fuku

孫の手紙が『おばけマンション』という絵本に載ったというのでルミネの5階の本屋さん、有燐堂で探したのですが見つからず、駅のドトールでコーヒーを飲みながら一休みして帰りました。人がいっぱいだとほんと疲れますよねえ。でもエキサイティングな春節見物でしたgood

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.13

amazonで初めての買い物

有楽町の三省堂で原田マハさんの本を2冊買い、「旅屋 おかえり」と「楽園のカンヴァス」を読み切りました。。。

「楽園のカンヴァス」・・・最高でしたheart04sign03

さすが山本周五郎賞をとっているだけあってよく人物が描かれている。読んでしばらくの間本の中の人物達が私の頭の中を占領しておりました。。。

美術館めぐりが好きでサスペンスの好きな私にはピッタリの内容で、もう少ししたらもう一度読んでみようと思っています。今はダメ!全部内容を覚えているから。。。

この本がキュレーターという肩書きも持つ原田マハさんの代表作になるんじゃないかな・・・sign03full

原田マハさんの本がもっと読みたいと検索していたらpcamazon.co.jpでbookcd買いたくなった。
『カフーを待ちわびて』と『花々』というラブストーリーらしいんですがpresent買ってしまいました(*^-^)

ついでに昨年沖縄で初めて行った福山雅治の沖縄 野外ライブcdDVDも買っちゃいました。

2012_351_2

代金をコンビニなどで振り込んだら送られてくるシステムです。娘が買ったのに忙しさにまぎれて振り込むのを忘れていたらキャンセルになってしまってた、と言ってました。損しないようなシステムになってるんですね。

book「カフーを待ちわびて」はすでに読んでしまいました。文庫本なので電車の中で読もうと思ったのですが、読み始めると止まらないんですよね(*´v゚*)ゞ

book「花々」はtrain電車用に残しておきますcatface

ライブのDVDもまだ観ていません。あのあつい雰囲気を思い出しbeerビールでも買ってきて飲みながら見ようと思ってます( ^ω^ )v

| | コメント (2)

2012.07.23

『旅屋 おかえり』(原田マハさんの新刊本)

高校生の時バスの行き帰りやごろごろしたりコタツで雑誌や文庫本を読むのが好きだった。。。

テレビはもちろんあったし、映画は主に洋画ですが週一くらいで観に行ってもおりましたが家でごろごろするのが大好き・・・特にお布団が広縁や廊下に干してあると体をお日様に当てながら陰になっているところで本を読むのが大好きだった。。。

『旅屋 おかえり』を読んでいてその頃のことが思い出された。

小、中学校の時はほとんど本は図書館で借りてきて読んでいた。

高校になってからはどこでどうして本を手に入れていたのか記憶の中にないのですが、高1の時、古本屋さんだったのか本屋さんだったのか図書館だったのか一冊のちょっとコミカルなラブロマンス(多分)の本に出会いました。

その主人公が魅力的で私の引っ込み思案な性格を変えてくれたといっても過言でない。

その主人公は出っ歯で色が黒く決して美人の部類に入ることはないと自分にコンプレックスを持っている高校生。

その子が恋をしてうじうじしてても仕方ないと自分の性格を変えるべく自分の長所を探しながらあれやこれやと努力する・・・そしてやさしい思いやりのある彼女の気持ちは彼に届く・・・という単純なお話でしたが、なぜかなぜかその主人公がかっこよく見えて私も彼女のようになりたいと思い「高校デビュー(^^?」してできるだけ性格を変えようと努力したのでした。

苦しい時を自分の優しさと得意なことで乗り切っていく『旅屋 おかえり』の主人公おか えりさんのポジティブな考え方は今現在悩んでいる人に響くんじゃないかなって思いました。

          

著者の原田マハさんは2005年『カフーを待ちわびて』で第1回日本ラブストーリー大賞を受賞して作家デビューなさっている。

面白いことにこの「旅屋 おかえり」はWEB文芸「レンザブロー」が初版・・・ということはWEBで書かれた本が集英社から出されたということなのか?(私にはイマイチ分かりませんが。)

先日CAから若い女性のお客様が来て、日本の電車の中でこれを見て過ごしていると「コボ」というWEBで買った本が読める電子書籍端末を見せてくれていいなあと思っていたのですが日本でも「楽天」が売り出したみたいですねえ。。。

    WEB文芸「レンザブロー」  http://renzaburo.jp

『カフーを待ちわびて』もbook読んでみたいと思っています。。。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012.06.18

原田マハさんの本

有楽町でダンナと別行動・・一人でブラブラとするのがひそかな楽しみ~note

前回は新橋で別れて一人で銀座の桜通りがあるというのでやはり有楽町までブラブラ。

銀座一丁目の端、東京国際フォーラムの延長線辺りに桜並木を見つけて「よしっ、やったー!」と満足して帰りました^^v

2012_001  2012_002

今回はNYのチャイニーズレストラン「ジョーズシャンハイ」を見つけようと思って歩いたのですが見つからず、「三省堂書店」に入って浜田マハさんの本を買いました。

Maha

Okaeri

写真をiPadで撮ってブログに上げようと思ったのですが苦戦!
二日間かかってしまいました( ̄◆ ̄;)

『旅屋 おかえり』の方が新刊だそうです。

2冊並んでいて決められず、2冊大人買いしてしまいました(^-^;

『旅屋 おかえり』は電車の行き帰りの時にに読むつもりです。

『楽園のカンヴァス』は旅先などでまったりしたときに読みたいなnotes

本屋さんのレジ横にはイギリスへの旅行本などが山積みされておりました。

horsehorseオリンピックイヤーですよね~dash

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.05.12

本屋さんでシリコンお鍋♪

今、本の付録で可愛いトートバッグやオシャレなバッグが付いてくるのがあるでしょう、私は付録で付いてくるお鍋を買いました。

旅行から帰って関空から沖縄に行くことが決まった時、このお鍋に出会って今買っておかなければ買えなくなるかもと何と二冊・・正確にはお鍋が付いて来る訳ですから二箱買ってしまいました(*^_^*)

何かその日は「大人買い」したい日で、飛行機の中でポーチ付きの化粧品も買ってしまいました(^-^;;;;たまにあるんです、、大人買いしたい日がflairhappy01

2011_120

 薄い本のほうが付録みたいでしょう(^^)

そのお鍋はシリコン製で、一つはタジン鍋のような形、もう一つは平べったくなる旅行に持っていったら使えそうなシリコン鍋です。

 2011_104 2011_102

 2011_107 2011_106

どちらも電子レンジで使えるのでる旅行中のコンドミニアムやアパートメントなどのレンジの置いてある宿だと使えるかなと思います。特に下の平たくなるお鍋は軽いし使えそうflair

ご飯1合が15分で炊けるのがいいわーっ。

タジン鍋の形の物は野菜が美味しくできるかな??パスタも美味しくできます。

ただし、分量が、せいぜい2人分で一度にたくさんという訳にはいきません、、、。

それに分量と並べ方、レンジの時間、水分・・・これをマスターしないとレンジの中が吹きこぼれでたいへん!!ということになりかねません。。

今日はお一人様・・・このお鍋で筍ご飯・・・タジン鍋でカボチャの煮つけを作ってみました。

2011_114 2011_115

・お米一合は洗って20分以上はかならず置くこと。

・白だし(しょう油、出しつゆでもOK)T.1、みりん、砂糖少々、塩少々水で1カップにする+後で50CC位追加

・我が家は牛肉を味出しに少し入れるのですが、最初から入れてちょっと失敗(~_~)

500ワットで10分、かき混ぜてから牛肉を入れるとよかったかなと反省。

この時水40CC~50CCくらいを追加して入れるとよりふっくらと出来る。

・もう一度レンジに入れて500ワットで5分・・・蒸らしは10分くらいかなあ?

2011_117

美味しくできましたが牛肉に火が通り過ぎ・・・

翌日もう一度リベンジで作ってみる。。。

・ 白だし大さじ1を入れた上の分量のだし汁200ccと切った筍を入れて500ワットで今度はレンジは8分にしてみました。

・ かき混ぜ、味出しの牛肉をすこし重ならないように入れて水50cc回し入れる

  5分電子レンジに掛けて取り出し、10分以上蓋をしたままで蒸らす。

* 筍は袋入り水煮「小粒の竹の子」4個入っているものの1個を使いました

2011

     bookふっくらおいしい筍ご飯が出来ましたpassnote

| | コメント (10)

2011.01.09

東野圭吾の作品が。。。

ここのところテレビでの東野圭吾の作品がぞくぞく登場している。。。

10年以上前に一度読んだことがあるだけでしたが、その時、難解で読み切れなかったような記憶がある。

本を読んでいてギブアップしたのは最近では塩野七生の「ローマ人の物語」だった、、。この本は娘のダンナ氏の愛読書で、私にはアンビリーバブル!!超ロングの大作なんですが、一冊目でギブ!!でした。

ところがテレビで「新参者」を観て、最初は難解と思ったのですが面白くてはまってしまいました。。。

阿部寛さんのぬーぼーとした着任したばかりの刑事・加賀恭一郎役がかなりインパクトが強くって、加賀恭一郎=阿部ちゃん・・・阿部ちゃん以外には考えられないほどピッタリで日曜日を楽しみに観ておりました。

お正月に加賀恭一郎シリーズで「赤い指」が放送されたのですが、コレがまたまた面白かったup

なんと刑事ドラマなどほとんど見ないダンナがオネムの時間なのにちゃんと観きって「さすが東野圭吾・・おもしろかったなあ。」と言っていたのでこれは間違いなく面白い番組でした。もちろん、阿部ちゃん大好きな私・・・とても満足でしたfull

今日放映された福山雅治主演の「ガリレオ『容疑者Xの献身』」もそうですし、もうすぐ始まる番組も東野圭吾著のものらしく楽しみにしております。。。

| | コメント (2)

2008.12.16

ニュージーランドの旅の本

丁度一年前にニュージーランドを旅したのですが、その時、ダンナがせっせせっせとブログを書いて28回という超大作(^-^;・・・それをパソコン教室、ネット事業をなさっているI社長が素晴しいネット本(Ⅰ~Ⅴ)にしてくださり、今日最後のⅤが出来上がって送られてきました。

私も写真担当で参加させていただいており、とても嬉しいです。

読んでみると、一年前のことなのにもうすっかり忘れており、何だか自分たちが旅した本ではないような感じですが、写真を見直してみると美しい国だったなあ・・・と思い出がよみがえってきます。

いい本になっているので一度覗いてみてください(=゚ω゚)ノ o(_ _)oペコッ

ネット本  motteco本  4F 旅 に載せてもらっております。

pc http://motteco.com/indextop.php

ダンナから来たメールには、

「ニュージーランド旅行記のモッテコ本の最後 VOLⅤ をアップしてもらって完結!

最後に10ヶ所のB&Bの写真とオーナー、URLまで載せてもらい感激!!」

2007decnz_136_3 

私はこういう写真も入れてもらいたかったかなーなんて思ったりもしますが^^

夜八時ごろの散歩のときの写真、まだ二人の影がこんなに長いsun

毎日の車での移動で疲れ果てて、夜、9時か10時には眠ってしまっておりました。ですから、こぼれるような星空は10日間の旅の中でワナカで一度だけ一人で庭に出て12時前に観ました。寒いのでフリースを着て10分か15分くらい見たのですが、長い流れ星が二つ、短い流れ星が一つ見えました。私一人の思い出です。

そういえば、私の写真アルバムの解説、南島の説明がまだいれられておりませんでした、、、(/ω\)ハズカシーィ

| | コメント (0)

2008.05.09

食堂かたつむりとくるくる地震

鎌倉に行った時に三冊本を買ってきました。。。     

     『食堂かたつむり』   小川 糸

     『天璋院篤姫』(上・下) 宮尾登美子

もうすぐアメリカ旅行をするのでその時に読もうと思ったのですが、手にしてみるとどうしても読みたくなってしまい、「食堂かたつむり」はその夜読み始めてしまいました。

丁度半分読んだところで地震が、、、。

電球のかさとハンギングバスケットが、紐をつけて手に持つとくるくる回り始める五円玉のようにいつまでもいつまでもくるくると回っているので、何だかもっと大きな地震が来そうで気持ち悪くなり、靴下を履き玄関の扉がすぐ開くようにストッパーをはめて来ました。

テレビをつけて情報を見ているとやはりまた揺れました。茨城で震度5弱が出てやっぱり一回では終わらなかったなあと思ったのです、、、。

地震で本を読むのをあきらめて寝ましたが、翌日は朝から残りの「食堂かたつむり」読んでお昼ごろには読み終えてしまいました。

食べ物は元気をくれる・・・私たちは生き物の命をいただいて暮らしているということを再認識させられました。

個人的には小、中学校の時代に家のニワトリの世話係で最後のニワトリはもう私の古くからの友達のような存在だったのですが、学校から帰ってくると丁度おじさんが自転車の荷台にそのニワトリを乗せてまさに連れて帰ろうとしているときに出くわし、「連れてかないでーーー!!」と泣き叫び、おじさんは困った顔をしてそれでも連れて行ってしまい、それから私はずっとそのおじさんのことを恨んでそのおじさんが亡くなるまで恨んでいたことを思い出しました。

ベジタリアンではない誰もが大きくなってきた中で何度かは思った経験がある大切なこの生き物の命をいただいて生きていることを、はっと思い出させる本でした。。。

「篤姫」は持って行こうと思っているのですが、これも目の前にあるとやはり読みたくなっちゃうんですよねえ、、、。

| | コメント (0)

2007.11.17

横浜駅からみなとみらいへ=33

先週は三日間横浜のほとんど同じ場所に出掛けていきました。

横浜駅の東口、そごう方面の出口から、地下街に下りないで右手、郵便局のあるほうに出て、みなとみらい方面に歩きます。

  

行き先は映画館の入っているビル「BRITZYOKOHAMA」、映画「めがね」を見に行きました。一日目は残念なことに時間を1時間間違えて行ってしまい映画を見ることができませんでした。それではとその辺りを探索することにしました。

こちらの方面にはあまり歩いて来ることがなかったのです。新しい横断歩道ができてアンパンマンミュージアムや、やはりまだ新しいショッピングモRimg0286ール「ジャックモール」など、知らない所ばかりでした。

ジャックモールに渡るすずかけ歩道橋の上から 新高島の方面を見ると高いマンション群が外国のどこかの町のように建ち並んで、すごい町になってきているなあ・・と思いました。歩道橋は一年前に架けられたようです。

そしてジャックモールというグランドモールも二年ほどの前にできたらしいです。歩道橋を二つ利用すると横浜駅から徒歩10分足らずで到着、近くなりました・・・そこからみなとみらいの横浜美術館まではあっという間です。ここまでくるとクイーンズスクエアやランドマークタワーはもう目の前です。

Rimg0288 孫はジャックモールの「にこぱ」という遊び場で楽しく遊びました。「トイザらス」も孫にとっては楽しい遊び場です。「帰ろうよ」と言ってもなかなか動きません。ベビーカーを持たずに来て眠さやお腹がすいたのでときどき座り込んで動かなくなりましたが、家まで歩いて帰ったそう。たいしたものです。

Rimg0283 Rimg0284 ←歩道橋の上から見ると。

ジャックモールからみなとみらいはすぐそこ→Rimg0285

Rimg0287 Rimg0289 クリスマスの装いです。

横浜アンパンマンこどもミュージアムも横浜駅から歩いていけるんですよ。ベビーカーを押した若いお母さんたちがたくさん歩道橋を通っておりました。

Rimg0273 行ってみると広場になっているスペースはそういうお母さんとこどもたちでいっぱいでした。町の子供の遊び場ですね^^

Rimg0277 パン工場のパンは売れてるのかな??

| | コメント (0)

より以前の記事一覧