« ハヤシライス | トップページ | 帰りの飛行機で »

2013.09.17

湖水地方・ウインダミア(UK)

ウインダミアでは築160年のB&Bの屋根裏部屋のようなお部屋に泊まりました。
オーナーは意外と若いご夫婦で、おしゃれにリノベーションされておりました。

なにしろ築160年の建物ですのでシャワーの蛇口は固定ですし、エレベーターもない。
3階まで旦那さんが重い荷物を一つずつ運んでくれる。その日はオーナー夫婦が
出掛けてるといっていたのに家にいてくれてほんとに助かりました。

Cimg0216

2013_002
   『B&B リングムア』 ↑ まさにこの部屋に泊まりこの朝食をいただきました^^

小さな窓から外を見るとみごとに長方形の煙突が並んでおります。映画『メリー・ポピンズ』の中に出てくる煙突掃除のお兄さんが♪チムチムニ~チムチムニ♪と出てきそうです。
Cimg0331 

カーテンの束ねる部分(名前が分かりませんが)、麻ひもでポンポンが作ってあり、紐も麻ひも・・・おしゃれです。写真撮ってないのが残念!

ウインダミアのある湖水地方はいくつかの湖や小高い緑の丘などで昔から人気があったところだそうで、「ピーターラビット」を描いた絵本作家ビアトリクス ポターが子供のころから訪れていた場所のひとつです。。。

2007年の映画『ミス・ポター』で彼女の半生が描かれておりますが、ピーターラビットなどの絵本に出てくるこの美しい湖水地方の風景、自然を守るために土地を買い取り、ナチュラル・トラスト(自然保護活動)に尽力しました。晩年はヒルトップと呼ばれる場所に住んで牧場を経営して寄付や活動を続けていました。

湖水地方は霧雨のような雨が頻繁に降って緑を豊かにしてくれて、その青々とした草を羊たちが食べてますます緑のきれいな大地を作ります。

わたしはイギリスで一度は訪れてみたい場所と思っておりました。。。

Cimg0200

ちょうどシャクナゲが見ごろで、あちらこちらで咲いておりました。
ウインダミアは小さい町ですが落ち着いたとてもセンスのいい町です。

B&Bの女主人ポーラが地図で見所を説明してくれて早速ウインダミア湖が見渡せる見晴台「オレスト・ヘッド」に向かいます。
Cimg0194
駅前の大きなホテルの少し手前に登り口があります。フットパスの看板が正しい方向を向いていなくてちょっと迷いましたが、入り口の地図を見てくると大丈夫。
二つに道が分かれているのかな、わたしたちは右方面に向かいます。。。run
Cimg0195 Cimg0199

Cimg0204

Cimg0202
雨が頻繁に降るからか石やスレート石で作られた低いヘイに苔がのびのびと生えています。
見晴台近くはかなり急で靴を履き替えてくればよかったかなと思いながら上りました。

ウインダミア湖や広々とした四方に広がる緑の風景・・・この中にピーターラビットの中に
登場する家や畑、ビアトリクス・ポターが暮らしたヒル・トップそして水仙の詩で有名な詩人、ワーズワースが暮らした家があるんですよねえ。
Cimg0206 Cimg0212
Cimg0208

明日はその湖水地方を巡るバスツアーに乗ります。

|

« ハヤシライス | トップページ | 帰りの飛行機で »

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

海外旅行」カテゴリの記事

コメント

ともさん、コメありがとう!
イギリス旅行のブログが湖水地方までなのに、クルザーの旅に出掛けてしまい
思い出と写真は山のようにあるのですが書こうという気持ちになかなかならなくて、。
建物と庭に興味があるのでその違いが訪れた場所で全く違うのがおもしろく、
写真をぜひ載せて見ていただきたいです。
頑張るねcamerapcまたお立ち寄りくださいませ。

投稿: ちぇりりん | 2013.10.18 01:14

おはようございます。
ご主人との二人旅、存分に楽しまれたようで羨ますぃ~happy02
イギリスは1度だけ訪れましたが、3カ国周遊の内ほんの2日滞在だったので、
主要な都市しか行っていません。
湖水地方は、わたしにとってlovely憧れの地です。
子供の頃、ピーターラビットに出会って知った街です。
いつか行きたいなぁと思いつつ、なかなか実現できない旅の一つです。
タックさんとちぇりりんさんの旅のリポートで、
行った気分を味あわせていただいています。
引き続きnote楽しみにしていま~すhappy01

投稿: とも | 2013.09.19 07:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ハヤシライス | トップページ | 帰りの飛行機で »