« 小岩井農場まきば園(岩手県) | トップページ | 毎日”踊る”づけ »

2007.10.12

小岩井農園・乳業工場

今、大人の工場見学がひそかに流行っているそうです。

ビールやワイン、食べ物の工場ではほんのちょっぴりだけど出来立ての製品が試飲できたり、いただけたり・・・それがまた楽しみの一つだ。

乳業工場では小岩井の3.7牛乳がいただけました。これがまたいい冷えぐあいで美味しいーのです。紙コップで2杯いただいちゃいました^^♪

Morioka_113窓の外に宮沢賢治の作品『狼森、笊森、盗森』の「狼森」を岩手山の前に見ることができました。

ここで私が興味を持ったのはこの農園の歴史と名前の由来。。。

小岩井というのは地名ではなく、小岩井農園の創業者三人「小野、岩崎、井上」の名前の頭文字を並べたもの。知らなかったなあ~~。

1891年(明治24年)、この地は火山の噴火のあとのひどい土地で、雨が降ると灰の混じった泥水があふれ、乾くと瓦礫だらけの火山灰土で作物など何も作れないようなこの地を、まず防風林を作りそして牧草を植えてこの緑豊かな森と牧草地を作り上げていったのです。

小さい時に読んだ宮沢賢治の本に”皆に笑われ、馬鹿にされながら一人で植樹をしていく男の物語”があったことを思い出しました。きっとこの小岩井農場のこの歴史も彼の童話に関係があるのかもしれないってひとりで思ったのでした。

おもしろいですね、工場見学は。。。神奈川県横浜市や千葉県のイメージのある高梨乳業ですが、岩手県のこの乳業工場でパック詰めがされていて、へーっと思いました。そうですよね、神奈川や千葉だけではとても製品になるほどの牛乳は集められないでしょう。

Morioka_108

ダンナはNHKの朝の連続小説「どんど晴れ」を観ていて、どうしても「一本桜」が見たいと言う。乳業工場から800メートルのところにありました。

盛岡に戻り、レンタカーを返して新幹線に乗る前になにか盛岡らしいものを食べようということになる。

「盛岡冷麺」・・・ムラサキスポーツの道を挟んだ位置にある焼肉屋さんに”盛岡冷麺”ののぼりが立っておりました、「胡洞」というお店です。

やはり盛岡の名物「じゃじゃ麺」も食べられるお店です。

盛岡冷麺は韓国のものと違って、そば粉などが入っていません。胡洞の盛岡冷麺はスープがすっきりしていておいしかったわ。キムチが別皿に付けられておりました。

Morioka_114

さっぱりしているけれどカロリーは550キロカロリーほどあるので家に帰るまでお腹が空くことがなかったです。

帰りも丁度通勤ラッシュの時間帯、娘親子には申し訳なかったですが、それでも楽しい秋の旅でした(*^^)v

|

« 小岩井農場まきば園(岩手県) | トップページ | 毎日”踊る”づけ »

旅行・地域」カテゴリの記事

グルメ 地域」カテゴリの記事

地方情報」カテゴリの記事

東北」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 小岩井農場まきば園(岩手県) | トップページ | 毎日”踊る”づけ »