« 映画「花田少年史」幽霊と秘密のトンネル | トップページ | 孫娘のお気に入り »

2006.09.06

菜香と菜香新館(横浜中華街)

関内で待ち合わせて娘たちとランチを食べた。

三人と半分なので飲茶にしようということになって中華街へ。。。33

飲茶は一人ではなかなか食べられない、、。娘もわたしも一度だけ一人で入って後悔した経験を持っている。一人で入ると不経済、、高くつくし、いろいろなものが食べられない。そして食べ過ぎてしまう、、、。だから飲茶は人数が多いときに限ると思っている。

ダンナがまだお腹があまり空いてないよと言いだした、、。中華街は時間によっては待たされることがあるのですこしランチや夕食の時間を早めていかないとすぐに席に付けないことがある。「飲茶だし食べたいものだけ食べたらどう?」と無視してお店を探す。。。

もうメインスツリートの聘珍楼などには行列ができている。どこにしようかと迷って「菜香新館」に行ってみることにする。。。

30年近く前に初めて中華街に行ったときは「同發」というお店に入った。広東料理でとっても美味しかったのでいつも中華街でお食事のときはここだった。気に入っていたのに火事になってしまいお店の形式がずい分変わってきたので今度は市場通りにある「菜香」に通うようになった。

菜香では海老入り蒸しクレープを初めて食べてその食感と美味しさに驚いたものでした。(私だけが気に入っていて子どもたちはどうやら好きではなかったみたいですが、、、。)ここもしばらくすると狭いので新館を作りました・・・というので「菜香新館」のほうに行くようになった。

それから菜香新館もコックさんが代わったのか、味付けが濃くなったり油っぽくなったりと味が変わってきて、また、市場通りの菜香に行くようになり、ちゃんとお茶を美味しく入れてくれる人がいたり、魚や野菜の素材を選んで料理してもらうのが気に入りよく通いました。あさり一つでも絶対家庭では作れない味付けにしてくれます。気さくな店主と顔見知りになったほど通っておりました。

という訳で「菜香新館」はほんとうに久しぶり。。。。

5Fか6Fにティールームができているという情報を入手していたのでそちらでもいいかなと思って来たのです。

菜香新館もずい分変わっていて、二階では喫煙ができ、三階は禁煙、そして、予約の小部屋もいくつもありなかなかいい感じ。

 20069_012

わたしたちも3Fの大広間の大きな円卓の一つに通されました。すでに子ども連れが二組来ており、これはベビーカーでくる若いお母さんたちにはぴったりだなと思いました。

あまりお腹がすいていないというダンナの意見を聞いて注文は控えめにしたのですが、何のことはないダンナは食べる食べる、、( 一一)

20069_003 20069_004

   五目がゆ      しいたけしゅうまい

 20069_005  20069_006

 五目野菜ゆば包み蒸し   デザートたち

写真はないのですが一番気に入った「鶏の足の黒豆みそ蒸し」「えび入り蒸しクレープ」を頼んだのにやって来た「香港風焼きクレープ」、「カニの入った焼きそば」(?)などもいただきました。どれもはずれがなく美味しかったです。

デザートを食べた後もう一品、二品頼めばよかったと後悔するくらいの量で、ガツンとチャーハンでも頼めばよかったわ。健康を考えたつぼに入ったスープが美味しそうだったなあ。。。

中華街のお店も名前は変わってなくても非常に努力して変化していることがよく分かりました。そうじゃないとこのたくさんの中華料理のお店で生き残っていけないですよね。かと言って四五六なんとかというお店の上の大きな液晶画面などは邪道・・許せませんど、、。

わたしももっと色々なお店に入ってみることにしましょう。。。

|

« 映画「花田少年史」幽霊と秘密のトンネル | トップページ | 孫娘のお気に入り »

グルメ 地域」カテゴリの記事

横浜」カテゴリの記事

cafe レストラン」カテゴリの記事

コメント

ほんと、何カ国か行ってみてどの国にもチャイナタウンがあって
美味しい物が食べられる・・・
日本人の私たちにもありがたい存在ですよね。

今度ハワイで行っている時期がピッタリあったら、飲茶ご一緒してくださいね。
ワイキキのワールドトレードセンタービルにある
レジェントシーフードレストランはどんなもんかチェックして教えてくださいませ。

投稿: ちぇりりん | 2006.09.07 21:47

横浜の中華街美味しい所が多い
神戸の中華街は少し全体が小さい・・・けど結構美味しい(^・^)。
ハワイではちぇりりんさんも行ってる
チャイナタウンのレジェントシーフードレストランの飲茶が美味しいし
中国料理なら麒麟がいいよね(^◇^)
中華は何処の国や地域にもある
中国パワー恐るべし(^・^)。

投稿: kazu | 2006.09.07 18:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 菜香と菜香新館(横浜中華街):

« 映画「花田少年史」幽霊と秘密のトンネル | トップページ | 孫娘のお気に入り »